エアロゾル感染は空気感染する!マスクが効かない?

エアロゾル感染は空気感染してマスクが効かない? 社会

エアロゾル感染という言葉は、あまり聞いたことがないですが

2月8日上海政府が発表によると、新型コロナウィルスは感染経路が

飛沫感染だけではなくエアロゾル感染もあると発表したのです。

飛沫感染は分かるけど、エアロゾル感染って何?

私も最初はどんな感染経路なんだろうと思いました。

そして、エアロゾル感染にはマスクが効かない?とも言われています。

本当にマスクが効かないのか?エアロゾル感染とはどういう感染経路なのか?

今回は、この2つを調べて紹介いたします。


スポンサーリンク

エアロゾル感染とはどういう感染経路なのか?

ここに来て、「エアロゾル感染」という感染経路が発表され、空気感染や飛沫感染と

何が違うのか、疑問に思っている方が多いと思います。

エアロゾル感染の感染経路が分かったら、空気感染と違いがあるのか、同じ

ような感染経路にも思えますが、違いはあるのでしょうか。

くしゃみや咳をすると、水分に包まれたウイルスが飛び散ります。

そして、水分が蒸発してウイルスだけが浮遊します。

水分が蒸発したので軽くなり、長い間空気中をさまよい2メートル以上も

ウイルスは行き来します。

このウイルスに感染することを、「空気感染」といいます。

 

エアロゾル感染は、空気感染よりは感染が弱いようですが

がん・感染症センター東京都立駒込病院のドクター・今村顕史先生は

エアロゾル感染は空気感染とは違うとツイートされています

 

先生が言われるので、エアロゾル感染と空気感染は違うのだと思います。

飛沫感染とは

新型コロナウィルスは飛沫感染だと言われていました。

今は、飛沫感染とエアロゾル感染の2つの感染経路になりましたが、

飛沫感染とはどういう感染経路なのでしょう。

人が咳やくしゃみなどでと飛ばしたウイルスで感染することを言います。

水分を含んだウイルスは、すぐに落下します。

範囲は1~2メートルぐらいと言われています。


スポンサーリンク

エアロゾル感染にはマスクが効かない?

エアロゾル感染にはマスクをしても効果がないというのは本当なのでしょうか?

 

がん・感染症センター東京都立駒込病院の今村顕史先生はツイートで

「N95マスク」が必要だと言っています。

では、普通のマスクは意味がないのでしょうか。

空気感染の場合、ウイルスと粒子が小さいのでマスクを素通りしてしまいます。

ですから、普通のマスクでは意味がないとの見解のようです。

しかし、エアロゾル感染は粒子が大きいのでマスクをすることで

感染を防ぐ可能性があります。

やはり、マスクは必須です。

関連記事 → コロナで外食しないならOisixで外食気分!

関連記事 → アルコール消毒と手洗いやうがいでコロナウィルスの予防をしよう


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました