加弥乃は元AKB48だった!どんな人?

エンタメ

朝ドラ『エール』のディレクターの廿日市誉の秘書役を演じている女優加弥乃が、元AKB48のメンバーだったのが分りました。

AKBでは11歳でデビューしていました。

まだ小学生ですよね、芸歴は長いですよね。

今現在は女優として活動していますが、AKBの頃はどんな人だったのでしょうか。

この記事では、「加弥乃は元AKB48だった!どんな人?」についてみていきたいと思います。


スポンサーリンク

加弥乃は元AKB48だった!どんな人?

11歳でAKB48のメンバーとしてデビューした加弥乃さんです。

可愛らしいですね。

NHK連続テレビ小説「エール」は窪田正孝二階堂ふみ以外にも多数、注目を集めるキャストが揃う。その一人に、主人公・古山裕一(窪田)が契約したコロンブスレコードの杉山あかねを演じる加弥乃がいる。ディレクターの廿日市誉(古田新太)の秘書役で、クールな雰囲気とメガネ姿が印象的だ。AKB48の元メンバーであることも話題になっているが、在籍した時期はまだAKB48がさほどメジャーになっていない頃で、結果的に「元」の肩書に頼ることなく勝ち得た役と言える。

1期生の中で最年少であると同時に、2歳から芸能活動を始めてすでに子役としてミュージカル「アニー」等に出演するなど一番の経験者でもあったので、立ち居振る舞いにそれなりに苦労を感じていた部分もある。

引用:Yahoo!ニュース

実力ですよね、凄いです。
2歳から芸能活動しているのなら、24年になりますね。


スポンサーリンク

加弥乃は元AKB48と分って反響は?

見る人が見れば、分るんですね。

本当ですね、頑張った証拠です。

諦めずに頑張ったんですね。


スポンサーリンク

加弥乃は元AKB48だった!どんな人?まとめ

「加弥乃は元AKB48だった!どんな人?」についてみてきました。

元AKB48という肩書きに頼らずに頑張ったからこそ、今があるのかも知れません。

これからの活躍を期待しています。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました