『鬼滅の刃』が人気の理由がある?ワンピースを超えたって凄い!

鬼滅の刃

今『鬼滅の刃』が、日本中で人気急上昇中です。
あの単行本『ワンピース』を超える人気のようです。

どうして、こんなにも『鬼滅の刃』は人気があるのでしょうか。
その人気にも理由があるようですね。

この記事では、『鬼滅の刃』が人気の理由がある?ワンピースを超えたって凄い!についてみていきたいと思います。


スポンサーリンク

『鬼滅の刃』が人気の理由がある?ワンピースを超えた!

『鬼滅の刃』というタイトルのマンガを知っているだろうか。『週刊少年ジャンプ』で連載する大正時代を舞台にしたアクションアドベンチャーで、人を喰う「鬼」と、それに対する鬼殺隊の戦いを描く。主人公の少年・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)は鬼に変わった妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻す方法を得るため、鬼と戦い続けるというストーリーだ。

本作がいま出版業界で一大旋風を巻き起こしている。とにかく単行本の売上が凄まじい。2019年のオリコン年間コミックランキングによれば、『鬼滅の刃』の発行部数は1205.8万部、2位『ONE PIECE』の1080万部を上回り第1位に輝く。

引用:東洋新聞

『鬼滅の刃』の人気の理由は

★ヒットの理由1:アニメ化効果

マンガのアニメ化が、単行本の売上げを大きく伸ばすとよく言われる。それはこれまでも『進撃の巨人』などで見られた。それでも『鬼滅の刃』の放送前からの累計発行部数の伸びは、一年足らずで10倍近くと群を抜く。週刊少年ジャンプで少年を主人公に据えた『鬼滅の刃』は、マンガの王道のように見える。しかし連載開始当初から成功していたかといえば必ずしもそうではない。ジャンプの並み居るマンガのなかでは、むしろ人気は控えめなほうだった。絵の描き込みが緻密で、メインキャラクターも容赦なく死んでいくストーリーは、必ずしも万人受けでなかったとの指摘もある。残酷描写もあることを考えれば、むしろファンを選ぶ作品だった。

★ヒットの理由2:全年齢型コンテンツ

ヒットの拡大は、「厚いファン層」も理由にある。読者層のボリュームのひとつが、小学生との指摘は多い。紙単行本の大ヒットは、電子コミックの決済手段を持たない子どもたちが支えているという話もある。ヤングアダルト層(13〜19歳)の女性の間でも支持が高い。気弱なのにいざとなると強さを発揮する炭治郎の同期・我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)や、クールだけど空気を読めない兄弟子・冨岡義勇(とみおか・ぎゆう)など、多彩なキャラクターが人気だ。さらにヤングアダルト層の男性やそれ以上の世代の男女など幅広い層から支持されている。

引用:東洋新聞

★ヒットの理由3:のめり込みやすい設定

もちろん物語としての魅力もヒットに貢献している。それは誰もが愛し、はまりやすい設定だ。「鬼」と「鬼殺隊」の敵味方の対立がシンプルでのめり込みやすい。また、鬼殺隊は複数の隊に分かれたチーム制、さらにそれぞれの隊は「柱」と呼ばれるリーダーを中心にヒエラルキーが設けられている。このなかで友情、ライバル、先輩後輩といった構図が生まれる。それぞれの立ち位置から多彩なキャラクター設定が可能になる。こうしたシステムは、往年の大ヒット作『聖闘士星矢』、ジャンルが異なるが宝塚歌劇団にも共通する。宝塚歌劇団では各役者への人気が、長い歴史を支えてきた。昔から続く物語の魅力を高めるためのシステムを踏襲したことも、『鬼滅の刃』の面白さの秘密のひとつでないだろうか。

★ヒットの理由4:偶然生まれた「枯渇感」

大ヒットの誕生には、しばしばいくつもの偶然の積み重ねがある。『鬼滅の刃』に偶然があるとすれば、2019年秋以降のマンガ単行本の供給不足かもしれない。急速な売れ行きに対応できず、ピーク時は店頭でもネットでも、単行本が手に入りづらい時期が続いた。手に入りづらいとさらに所有欲をかき立てられるのが、人間の性だ。品不足が話題に拍車をかけ、『鬼滅の刃』への関心と話題はファン以外にも広がりだす。それをきっかけに作品を手に取り、読みだせば面白い。スパイラル状に人気が積み上がっていく。

引用:東洋新聞

『鬼滅の刃』の人気は?

『鬼滅の刃』が人気の理由がある?ワンピースを超えたって凄い!のまとめ

『鬼滅の刃』が人気の理由がある?ワンピースを超えたって凄い!について記事にしました。

我が家の息子と旦那も呼んでいます。テレビでもみました。人気の理由が書いてあって納得しました。

まだまだ、人気は上がりそうですね。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました