コロナ感染で家庭内での療養をする注意点はなに!どうやって過ごすの!

社会

コロナ感染者や感染が疑われる人が、家庭内で療養する場合に病状の心配もありますが他の家族に感染しないか不安があるし、療養をする注意点はなにか知りたいと思いませんか。

病院と違って、家庭内で療養するときはクラスターが発生しないようにすることが大変そうですよね。

私も、もし家庭内にコロナ感染者が出たら、他の家族に感染しないように漠然とは分かっていても不安が残ります。

そこで、この記事では「コロナ感染で家庭内での療養をする注意点はなに!どうやって過ごすの!」についてみていきたいと思います。


スポンサーリンク

コロナ感染で家庭内での療養をする注意点はなに!どうやって過ごすの!

家庭内に感染者や感染が疑われる人がいる場合の注意点を、厚生労働省が発表しています。

1.感染者と他の同居者の部屋を可能な限り分ける
2.感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にする
3.できるだけ全員がマスクを使用する
4.小まめにうがい・手洗いをする
5.日中はできるだけ換気をする。
6.取っ手、ノブなどの共用する部分を消毒する
7.汚れたリネン、衣服を洗濯する
8.ゴミは密閉して捨てる

引用:厚生労働省

8つの注意点があるようです。

の部屋を分けるには、住んでいる間取りなどにもよると思います。
部屋を分けれない場合は、なるべく2メートル以上離れてカーテンや仕切りをするといいそうです。
ウイルスが飛沫して感染するリスクを少なくするためです。
食事や寝るときも別室が理想ですが、ムリな場合は対面で食べない、寝るときは感染者の顔から距離がとれるようにしましょう。

は、感染するリスクがあるためにできるだけ1人が感染者の世話をするようにしましょう。
ただし、心臓、廃、腎臓に持病のある人や、糖尿病、免疫が低下した人、乳幼児、妊婦等の方はできるだけ避けたほうが無難です。

の全員がマスクをするのは、ウイルスの拡散を防ぎます。
使用したマスクは、他の部屋には持ち出さずに入り口などにビニールなどに入れて捨てましょう。
どうしてもマスクがイヤな方は、くしゃみや咳をするときにティッシュなどで口と鼻を覆いましょう。

は、万が一ウイルスが付着した手で目や鼻、口などを触ると感染することがあるので家族は、小まめに石けんで手を洗いうがいをしましょう。
すぐに手を洗えないときは、アルコール消毒をしましょう。

は、感染者の部屋はもちろん他の部屋の換気も重要です。

は、ウイルスが物についたらしばらくは生存しているため、取っ手やドアノブなどのアルコール消毒はしましょう。
食器やタオル、箸なども感染者と共用は避けましょう。

では、感染者に下痢などの症状がでる場合もあります。
汚れた衣服やリネンなどを扱うときは、手袋やマスクをしてから扱いましょう

は、感染者が捨てたティッシュなどにはウイルスが付着しているのでビニール袋に入れ袋を閉じて捨てましょう。
その後は、必ず石けんで手を洗いうがいもしておきましょう。


スポンサーリンク

コロナ感染で家庭内での不安など


スポンサーリンク

コロナ感染で家庭内での療養をする注意点はなに!どうやって過ごすの!のまとめ

コロナ感染で家庭内での療養をする注意点はなに!どうやって過ごすの!についてみてきました。

家庭内に感染者が出たら、心配しながら他の家族に感染しないようにするには8つの注意点がありました。

でも、間取りの問題などで十分な予防はできない場合もあります。

まだまだ、不安は残ります。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました