おぎやはぎの小木博明が腎細胞ガンで治療に専念!どんなガン?

未分類
出典:thetv.jp

おぎやはぎの小木博明さん、ラジオ番組「木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき」のエンディングで腎細胞ガンであることを告白しましたね。

相方の矢作兼さんも驚いていました。

ラジオでは、腎細胞ガンで治療に専念すると告白していましたが腎細胞ガンってどんなガンなんでしょうか。

 

この記事では
・おぎやはぎの小木博明が腎細胞ガンで治療に専念
・おぎやはぎの小木博明が腎細胞ガンってどんなガン

についてみていきましょう。

 


スポンサーリンク

おぎやはぎの小木博明が腎細胞ガンで治療に専念

出典:news.yahoo.co.jp

おぎやはぎの小木博明さんが、ラジオ番組「木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき」のエンディングで自分は腎細胞ガンで治療に専念すると告白しました。

腎細胞ガンはステージⅠで、手術が可能だそうです。

頭痛の治療で入院したときに、検査を受けて判明したそうです。

 

『メガネびいき』エンディングで、矢作兼から「さっき言っていた、後半に続くっていうのは」と向けられると、小木が入院中に念のためエコーの検査を受けたところ「看護師さんが来て『あした、また精密検査をしなきゃいけない』って言われてさ」とコメント。

精密検査の結果がなかなか出ず、看護師から個室で結果を聞くことになったと伝えられたようで「個室でさ、モニターもあるのよ。そこで『腎細胞がん』って言われたよ。告知されたよ」と明るいトーンで話した。

矢作が驚く中、小木は「5センチくらいあるのかな。ステージ1なんだよ。でも、びっくちしちゃってさ」と率直な思いを吐露。矢作が「すっごい話をするなよ」と語る中、番組のエンディングが近づき、小木は「とりあえず、みなさん、検査は行った方がいいね。来週も再来週も休みますよ。さようなら」と駆け足ながら番組を締めくくった。

引用:Yahoo!ニュース

相方の矢作兼さんも、とても驚いている様子が分りますね。

そして、検査を受けることも勧めています。

 


スポンサーリンク

おぎやはぎの小木博明が腎細胞ガンってどんなガン

おぎやはぎの小木博明さんの腎細胞ガンって、どんなガンなんでしょうか?

腎細胞がんは、腎臓にできるがんのうち、腎実質の細胞ががん化して悪性腫瘍になったものです。同じ腎臓にできたがんでも、腎盂にある細胞ががん化したものは「腎盂がん」と呼ばれ、腎細胞がんとは区別されます。腎細胞がんと腎盂がんでは、がんの性質や治療法が異なるためです。ここでは、腎細胞がんについて解説します。なお、一般的に「腎がん」とは腎細胞がんのことをいいます。

引用:国立がん研究センターがん情報サービス

症状として、特徴的な症状はないようです。

おぎやはぎの小木博明さんのように、他の病気の検査や精密検査などで偶然見つかることが多いようです。


スポンサーリンク

おぎやはぎの小木博明が腎細胞ガンで治療に専念!どんなガン?まとめ

「おぎやはぎの小木博明が腎細胞ガンで治療に専念!どんなガン?」についてみてきました。

まだステージⅠなので、しっかりと治療して復帰してほしいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました