パチンコ店の行列ができてるヤバイ!営業継続で施設名公表が裏目にでた!

社会

休業要請が出てからも営業継続をしていたパチンコ店、6店の施設名を公表したのにもかかわらず、公表が恨めにでて行列ができている。

施設名を公表したことによって、開いているパチンコ店が分かり他の地域からの来店客も多くいるもようです。


スポンサーリンク

パチンコ店の行列ができてるヤバイ!営業継続で施設名公表が裏目にでた!

大阪府が新型コロナウイルス特別措置法に基づく休業要請に応じない6店のパチンコ店の施設名を公表し、一夜明けた25日、営業を継続したパチンコ店には多くの客が詰め掛けた。堺市内の大型パチンコ店には、午前10時の開店前から行列ができた。常連客の男性(65)は「いつも週末の2倍以上かな。常連客とは違う人が多い」と話した。

引用:日刊スポーツ

来店したお客にインタビューをすると・・

大阪市内から来店した自営業の男性(42)は「家にいてもヒマやからな。地元の店は休業中だから、遠征してきた。コロナ? ハッ!? パチンコはオレの趣味や!」と語気を強めた。

アルバイトの男性(25)はスロットを打つため、京都府内からの「越境スロット」。「地元で開いてる店を探すよりも、確実に開いている店に来た」。

常連客の60代の男性は「家族からは行くなと言われているけど、午前中だけと言って出てきた。コロナもちょっと怖いし、もし絶好調モードに入っても、家族との約束は守るつもり…」と固く誓って入店した。

引用:日刊スポーツ

店前には「マスク非着用の方の入店はお断り致します」とのボードを設置。手洗いなどの感染拡大防止対策を呼び掛けた。利用者によると、開店後、すぐにスロット台の座席は7割以上が埋まったという。

大阪府が公表した6店のうち1店の運営会社は24日、国からの救済措置がなく「休業したくてもできない窮状にある」と訴えた。列に並んでいた自営業の男性(52)は、報道で「窮状」のことを知ったといい「経営者の立場からすると、一理あると思う」と話した。

店舗の駐車場には車両のナンバープレートが「堺」だけでなく、堺市の近隣市の登録ナンバー「和泉」、大阪市内の「なにわ」ナンバーが多く、「和歌山」ナンバーもあった。開店後もひっきりなしに客の車両が入ってきた。

引用:日刊スポーツ

パチンコ店の行列ができてることを知った反応は?

パチンコ店の行列ができてるヤバイ!営業継続で施設名公表が裏目にでた!のまとめ

休業要請をしても営業継続しているパチンコ店の施設名を公表したことで、営業中のパチンコ店があったことを知らせただけになりましたね。

並んでいる人たちは、自分が感染して家族や大切な人にうつし重症化しても怖くないのでしょうか。

しばらくの間、我慢してください。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました