FOXニュースは、同施設で研究対象となっていたコウモリ由来のウイルス株に感染した人物が「0号患者」となり、そこからウイルスが武漢の住民に広まった可能性があると伝えた。

中国の科学者らは、新型コロナウイルスは武漢の野生動物市場で動物から人へと感染した可能性が高いとしているが、インターネット上では武漢ウイルス研究所が起源だとの疑惑をめぐるさまざまな陰謀説が拡散。ついには米政府もこの疑惑に言及し、当局がウイルスの出所をめぐり「徹底的な調査」を行っていることをマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官が表明するに至った。

同研究所は17日、コメントを拒否したものの、今年2月にはうわさを否定する声明を出していた。また中国外務省の趙立堅(Zhao Lijian)報道官は17日、同研究所から新型コロナウイルスが流出したとの説を否定した。

引用:msn

新型コロナの感染源の意外な危険地帯がある

新型コロナに感染しないようにするには、3密を守ることと言われています。でも、新型コロナ感染者によると意外な危険地帯があるようです。

「2月下旬までは感染者数が少なかったこともあり、発症前は不特定多数の人と外食を繰り返していました。感染発覚後に保健所の聞き取り調査がありましたが、感染経路は特定できなかった。ただ、いまにして思えば、“あそこに行かなければよかった”と後悔する場所がかなりあります」
そう語るAさんは幸いにして病状が回復したが、Aさんが入院した病院では3月下旬、志村けんさん(享年70)が亡くなった。それを考えると身の縮む思いでいる。Aさんが続ける。

「外食先も感染源の1つだと思っていますが、怪しんでいるのはスーパーやコンビニです。職業柄、買い出しによく行くんですが、店内にあるカゴやカートって不特定多数の人が触るじゃないですか。そこからの感染だと思っています。というのも、私は花粉症で、がまんできずにカゴなどを触ったその手で直接、目をかいたことがあったと思うんです」

引用:NEWSポストセブン