杉咲花主演の朝ドラ「おちょやん」が11月開始になるのか!役になりきるイメージ中!?

未分類

2020年9月28日に放送スタートするはずの杉咲花主演の朝ドラ「おちょやん」が、約1ヶ月送らせて11月スタートで調整しているそうです。

現在放送中の「エール」は、コロナ感染拡大で撮影を中断しているので、最終回が伸びるためです。

コロナの影響が、ドラマにも出ていますね。

そんな中、杉咲花さんは撮影開始となる日まで役になりきるイメージ中でしょうか。

この記事では、「杉咲花主演の朝ドラ「おちょやん」が11月開始になるのか!役になりきるイメージ中!?」についてみていきたいと思います。


スポンサーリンク

杉咲花主演の朝ドラ「おちょやん」が11月開始になるのか!役になりきるイメージ中!?

11月で調整中なので、はっきりとした日にちはまだ分っていないようです。

2020年後期のNHK連続テレビ小説「おちょやん」について、同局が9月28日に予定していた放送開始を約1カ月遅らせる11月スタートで調整していることが18日、分かった。現在放送中の「エール」(20年前期)は新型コロナウイルスの感染拡大のため4月1日から撮影を中断。放送ストックがなくなり、6月27日の放送をもって一時休止となることがすでに発表されている。局内ではこのほど、当初予定していた9月26日の最終放送回が約1カ月延びる見込みであることが判明。そのため、次作の「おちょやん」も放送開始日を後ろ倒しする方向で調整を進めることになった。

現在「エール」は、緊急事態宣言が解除されて以降の6月中旬をめどに撮影再開を目指している。ただ感染予防を万全にする中での撮影となるほか、朝ドラ史上初の4K制作となっているため編集作業にこれまでより時間がかかる。関係者は「1カ月以上延びる可能性も視野に入れている。場合によっては2カ月延びて、おちょやんの開始が12月。総話数を削って10月終了に収めるか、それとも3月の年度内に終わればいいなんて声も出ている」と明かす。

引用:Yahoo!ニュース

2ヶ月も伸びるかも場合もあるようですね。

朝ドラ「おちょやん」

おちょやん 大阪の貧しい家に生まれたヒロイン竹井千代の物語。9歳の時に道頓堀の芝居茶屋に女中奉公に出される。そこで華やかな芝居の世界に憧れ、女優を志す。松竹新喜劇の看板女優として活躍し“大阪のお母さん”として親しまれた浪花千栄子がモデル。タイトルは大阪の古い言葉で、料亭やお茶屋さんで働く“小さい女中さん”を意味する。

引用:Yahoo!ニュース

杉咲花さんは今、役になりきるイメージ中!?

ヒロインを演じる杉咲さんは東京都出身。2016年放送の連続テレビ小説とと姉ちゃん」では俳優の高畑充希さんが演じた主人公の妹役で登場。今回のオファーを知ったときのことを「一瞬、なんのことだか理解できなかった。こんな日が来たんだと思って、うれしくてちょっと泣いてしまいました」。浪花さんの自伝を読むなど、役のイメージをふくらませているという。「前向きに進んでいく姿がとってもすてき。波瀾(はらん)万丈な人生をポジティブに乗り越えていく姿を、一生懸命演じたい」と語った。
引用:朝日新聞
ヒロインに選ばれた時は、泣いてしまった杉咲花さん、本当に嬉しかったみたいですね。今も撮影開始になるまで、イメージを膨らませていることでしょう。

杉咲花主演の朝ドラ「おちょやん」が11月開始になるのか!の反響は?

話数を減らさないで欲しいと私も思います。

杉咲花主演の朝ドラ「おちょやん」が11月開始になるのか!役になりきるイメージ中!?のまとめ

「杉咲花主演の朝ドラ「おちょやん」が11月開始になるのか!役になりきるイメージ中!?」についてまとめてみました。

コロナでずれるのは仕方がないですが、話数はきちんと減らさずに放送してほしいですね。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました