横浜流星がコロナ感染!症状や感染経路は?ドラマや舞台はどうなる?

エンタメ

今人気の俳優横浜流星さんが、コロナに感染していることが分りました。

横浜流星さんの症状や感染経路はどうなんでようか。

そして、横浜流星さんがコロナに感染したことにより、撮影中のドラマや舞台はどうなるのでしょうか?

この記事では

・横浜流星がコロナ感染で症状や感染経路は?
・横浜流星撮影中のドラマや舞台はどうなる?

についてみていきましょう。


スポンサーリンク

横浜流星がコロナ感染で症状や感染経路は?

7月21日に横浜流星さんの所属事務所が、横浜流星さんがコロナに感染していることを発表しました。

横浜流星は、舞台稽古から変える途中に倦怠感と発熱があり病院を受診しコロナに感染していたことが分り、今は入院中だと言います。

横浜流星さんの症状や感染経路についての発表はありませんでした。

 

横浜は20日夜、「巌流島」の稽古から帰る途中に倦怠(けんたい)感をおぼえ、検温したところ発熱していたため医療機関を受診したところ抗原検査が陽性だった。PCR検査も受け、結果はまだ出ていないが保健所と病院が話し合い新型コロナ感染と判断された。保健所は現在、横浜との濃厚接触者の確認を進めている。

引用:Yahoo!ニュース

今、横浜流星さんの状態はどうなんでしょうか。

とても心配ですね。

横浜流星撮影中のドラマや舞台はどうなる?

横浜流星さんは、8月12日スタートのドラマ「私たちはどうかしている」の撮影中、そして、舞台「巌流島」も8月6日に開幕予定です。

これらのドラマや舞台はどうなるのでしょうか。

 

東京公演は当初7月31日からの予定だったが、コロナの影響で8月6日初日に。仙台や新潟などの地方公演も中止となった。初日の16日前に主演の横浜が陽性となった格好。7月21日、公式サイトで「キャスト、スタッフ、そして、お客様の安全を考え、また、今後の稽古続行は難しいと判断し、協議を重ねました結果、東京公演を取りやめさせていただきます」と報告された。

引用:Yahoo!ニュース

全国公演も予定されているようで、今のところ検討中のようです。

 

横浜は浜辺美波(19)とダブル主演の日本テレビ系連ドラ「私たちはどうかしている」(8月12日スタート予定、水曜午後10時)の収録も並行して行っていた。同局は感染を受け「撮影は休止します」、ドラマ開始日については「検討中です」としている。横浜が吉高由里子(32)とダブル主演する映画「きみの瞳が問い掛けている」(10月23日公開)は撮了。横浜の所属事務所は「多大なるご迷惑とご心配をお掛けしていることを、心よりおわび申し上げます。当人も病状の回復に全力で努めております」としている。

引用:Yahoo!ニュース

この記事を読む限り、横浜流星さんの症状は重症ではなさそうです。

ドラマスタートは、横浜流星さんの症状次第でしょうが延期になる可能性もあるようですね。

 

 

 


スポンサーリンク

横浜流星がコロナ感染で反響は?


スポンサーリンク

横浜流星がコロナ感染!症状や感染経路は?ドラマや舞台はどうなる?まとめ

「横浜流星がコロナ感染!症状や感染経路は?ドラマや舞台はどうなる?」についてみてきました。

東京でコロナ感染が増えている中、横浜流星さんまでもコロナに感染したとあって本当に不安です。

軽症で完治して戻ってこられることを楽しみに待っています。


スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました